FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄本島旅行記2012-カヌチャベイホテル&ヴィラズ/オーキッドルーム

二泊したカヌチャベイホテル&ヴィラズについてご紹介。
泊まったのはオーキッドルームです。
実は予約した時点で一泊目オーキッドが空いておらず、一泊目アゼリア、二泊目オーキッドという風に予約をしてあったんですが、当日チェックインの際、オーキッドに空きがあるということで、一人一泊1,050円でアップグレードしてもらいました。
ちなみに、事前にスタンダードからオーキッドへのUG料金を聞いた時は一人一泊3,150円ということでした。
ただ、オーキッドは人気があるらしいので、こだわりがある方は最初からオーキッドで予約するか、予めUG予約しておくのが賢明かと思います。

フロント
カヌチャ フロント



カヌチャベイホテル&ヴィラズ MAP
カヌチャベイホテル&ヴィラズ MAP



オーキッド棟は4つの建物が連なっていて、チェックイン時MAP上の右二つの建物の部屋にしてほしいとリクエストしました。
なぜなら左の方の建物はアビアンビーチサイドコテージ等が眼下にあって、眺望がイマイチなのを他の方のブログなどで見ていたから。
でもそっちは空いてないの一点張り。私達は16時前にはチェックインしてるし、二つの建物の部屋満室なんてことないんじゃ?と思い、さらに聞いてみると『長期滞在の方もいらっしゃいますので・・・』と。
そりゃそうでしょうよ
じゃあこっちは空いてないんですね??と更に念を押して聞くと『少々お待ちください』と。
結局一番右の棟の一番右の部屋を用意してくれました
ホテルで働いたことないから部屋の割り振りとかそういうの全然わかんないけどさ~だったら最初から用意してくれればいいじゃん!結局ウソついたってことでしょ!?結局このやり取りや、手続き、何度も待たされたりでチェックインに35分かかっております
何号室にしてくれとか言ってるわけじゃないし、4つある建物のうち、2つの建物のどこかの部屋リクエストするくらい可愛いもんじゃないとか思っちゃうんだけど、これって性格悪かったりする!?



やっとチェックイン手続きが終わって、部屋に向かいます。ミニバンで。
カヌチャベイホテル


オーキッド棟の見取り図。客室は1階から4階まで。
カヌチャ オーキッド



私達が泊まった3階。下が海側です。
カヌチャベイホテル&ヴィラズ オーキッド


部屋の前の通路。
カヌチャベイホテル オーキッド


夜はちとコワイ。
カヌチャベイホテル オーキッド


間取り。私たちが泊まった部屋はトイレとバスルームが逆でベッドも下側なのでこの図の反転タイプ。
カヌチャ オーキッド 間取り



部屋はシンプル。古さは少しあるけどキレイに掃除されてる。
カヌチャ オーキッド


カヌチャベイホテル オーキッド



ジャグジー。
カヌチャ ジャグジー


カヌチャ オーキッド



お風呂は閉鎖的で、殺風景過ぎてさみしい。もうちょっとどうにかならないものか。
カヌチャ オーキッド



アメニティももうちょっと頑張って欲しいところ。
カヌチャベイホテル アメニティ



トイレは独立。
カヌチャ オーキッド




カヌチャベイホテル



カヌチャベイホテル



カヌチャオリジナル”カヌ茶”
ヌチャベイホテル



こだわった眺め。さすがに良いです
カヌチャ オーキッド 眺め




カヌチャ オーキッド



またへたっぴなパノラマが登場します
カヌチャベイホテル オーキッド 眺望

海から見て、一番右の棟の一番右の部屋。眺め最高
3階でも十分十分!!


部屋から夕日見れませんでした。右~のほうに沈んでいきます。
カヌチャベイホテル



後ろにはアゼリア棟
カヌチャベイホテル アゼリア



部屋から見える夜のビーチサイドプール。
カヌチャベイホテル プール



カヌチャベイホテル&ヴィラズ




ライトアップされたチャペル
カヌチャ チャペル


カヌチャ チャペル



ガーデンプール
カヌチャ ガーデンプール





夜のガーデンプール。この日は貸切パーティーがあったようです。
カヌチャ ガーデンプール



カヌチャ ガーデンプール



カヌチャのビーチ。いつもほとんど人はいませんでした。ライフセーバーが暇そうにしてた
カヌチャベイホテル&ヴィラズ ビーチ


カヌチャ ビーチ







今回レンタルカートは利用しませんでした。
一日5,250円てバカらしいと思って
だって普通のレンタカーですら3,000円/一日 で借りてるのに

なので移動は徒歩かトロリー。
オーキッドからフロントくらいならアゼリアを突っ切ってエレベーターで上がればフロントに行けます。
私達は歩くのしんどいので毎回トロリー待ちをしてましたが、不便だな~と感じます。

カヌチャ バス停



普通のバスのBラインと
カヌチャ トロリー


いわゆるトロリーと言われるタイプのオープンなAラインがあって
カヌチャ トロリー


カヌチャ トロリー


それぞれ逆方向に周ってます。
待ち時間とか、逆方向のトロリーだったりとかで、いちいち時間のロスが発生します。
レストラン予約した時も、いつトロリーくるかわからないから早めに出なきゃいけなかったり・・・。
正直かなり不便。
レンタルカートの値段もっと下げてくれたらいいんだけど、カート専用駐車場とかも少なくて路駐してたりとかもあるので、カート借りる人が増えすぎても困るのかもしれませんね。。。


朝食について
和食『「神着」カヌチャ』はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

■ Comment

非公開コメント

■ Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カヌチャベイホテル&ヴィラズの宿泊記

カヌチャベイホテル&ヴィラズ〒905-2263 沖縄県名護市安部156-2TEL0980-55-8880FAX0980-55-8693 カヌチャベイホテル&ヴィラズ カヌチャベイホテル&ヴィラズ(一休.comの施設ガイドページ)カヌ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。